WordPressが無料ブログより優れている8つの理由

WordPressは無料ブログより優れている

アフィリエイトサイトやブログを作る場合はWordPressを使ってサイトを作りましょう。

無料ブログよりも様々な点で優れています。

 

WordPressを使うべき理由

私はこれまでいくつもブログを作ってきました。

アメブロ、FC2、ライブドアブログ、note、Tumblr、Movable Typeなどなど様々なサービスを使いましたが、一番オススメのCMS(ブログを作るシステム)はWordPressです。

関連:WordPressとは

ウェブサイトやブログを作ってアフィリエイトをする際に、WordPressが最適な理由を紹介します。

 

無料で使える

WordPressは無料

アフィリエイトに使えるCMS(記事等を管理するツール)はWordPress以外にもMobvableTypeやシリウスなど様々なツールがあります。

しかし、MovableTypeは商用利用の場合や複数人で利用する場合は有料です。

アフィリエイトサイト制作のツールとして有名なシリウスも有料で、まだ稼げていない初心者の方にはハードルが高いツールです。

 

ですが、WordPressは非営利の財団によって提供されているため、一切の用途を問わず、利用は無料です(別途レンタルサーバーやドメインが必要です)。

アフィリエイトなど商用利用でも問題ありません。

 

利用の自由度が高い

WordPressは自由度が高い

WordPressは利用の自由度も高く、作成するサイトに制限がありません。

そのため、ブログはもちろん、アフィリエイトサイトやポータルサイトも作れます。

内容も商用サイト、アダルトサイトはもちろんOK。暴力的なコンテンツやグロテスクなコンテンツも問題なしです。

 

こうした広い意味でのアダルトなコンテンツ(エロ、グロ、暴力など)を「扱わない!」という方も多いと思います。

しかし、本当にそうでしょうか?

アダルトコンテンツ(エロやグロ)は人を不快にさせるものばかりではありません。

原爆の歴史、医療、狩猟、性教育など、真面目で硬派なコンテンツの中にもエロい、グロいと思われてしまうコンテンツは少なくないのです。

 

無料ブログの場合はこの辺の制限が厳しく、最悪サイトが削除されてしまう可能性もあります…

他人を不快にさせようと思ったのではなく、真面目に戦争や迫害、奴隷などについて語っていたのに、「暴力的コンテンツ」「反社会的コンテンツ」としてブログを消されたりしたら残念ですよね。

そういった心配がないのもWordPressの大きなメリットです(ただし、レンタルサーバーの規約には従う必要があります)。

 

独自ドメインが設定可能

WordPress 独自ドメイン

WordPressには独自ドメインが設定可能です。

というより、WordPressは無料ブログではなく、自分でホスティング(サーバーを借りてインストール)するものなので、そもそも独自のドメインしか設定できません(レンタルサーバーのドメインを設定することはできます)。

 

最近では独自ドメインが設定できる無料ブログも増えましたが、まだまだ対応していないところも多いので、これはWordPressのメリットだと思います。

 

また、ドメインはトップだけでなく、サブドメインやサブディレクトリを設定することもできます。

(example.comだけでなく、jp.example.comやexample.com/jpも設定できるということです。)

 

ドメインを自由に設定できるので、サイトのメイン部分は別のサービスで作り、ブログ部分だけWordPressを使うといったこともできます。

 

サイト構成やドメインの使い方の幅が広がるのもWordPressの大きなメリットです。

 

パーマリンクの設定も自由

WordPress パーマリンク

ドメインだけでなく、パーマリンクの設定も自由です。

パーマリンクとは各記事やページのURLのことです。

 

無料ブログだと、パーマリンクに制限があるものが多いですが、WordPressならパーマリンクも自由自在です。

アルファベットをはじめ、ひらがなや漢字など日本語を設定することもできますし、カテゴリー名や日付をパーマリンクに加えて階層構造を作ることもできます。

 

これは非常に大きな点です。

例えば無料ブログだと、以下のようにURL(パーマリンク)に強制的に日付が入ってしまったりしますよね。

  • 例:example.com/2018/01/01/post-name

他にもパーマリンクが全て数字やIDになってしまったりすることも。

  • 例:example.com/20180101
  • 例:example.com/post-1234

 

しかし、WordPressならば投稿ページであってもパーマリンクが自由です。

パーマリンクを自由に設定できるので、URLもキレイになります。

  • 例:example.com/profile
  • 例:example.com/diary-feb-1

 

デザインのカスタマイズも自由自在

WordPress カスタマイズ 自由

WordPressはデザインのカスタマイズも自由自在です。

WordPressではテンプレートのことをテーマと言うのですが、WordPressのテーマはPHPとCSSで作られており、カスタマイズOK、オリジナルテーマの利用OKです。

参考:WordPressの「テーマ」とは|自由に利用できるテンプレート

 

また、PHPやJavaScriptを使ってシステムも組み込めるので、ランキング機能や独自のツールを搭載することも簡単です。

これにより、WordPressは単なるブログツールとしてだけでなく、シンプルで無駄のないミニサイトや様々な機能やツールを搭載した高性能なウェブサイトまで自在に作ることができます。

 

無料ブログだとどうしてもいじれる範囲がCSSのみだったり、スマフォ版のデザインをいじれなかったりと制限があることが多いので、これは嬉しいですよね。

完全に自由ならばGoogleがSEOに有利だと推しているレスポンシブテーマも使えますし、大きなメリットです。

 

プラグインで簡単に機能を追加

WordPress プラグイン

関連記事やSNSボタンなど多くのブログにある定番の機能はプラグインで簡単に実装できます。

もちろんこだわって自分でテーマのPHPやCSSをカスタマイズして実装しても良いですが、それでは初心者や書くことに専念しているブロガーにはハードルが高いですからね。

 

様々な機能を追加できる。

メールフォームやSNSへの自動投稿といった機能はもちろん、通販機能やSNS機能なども追加しようと思えば追加できます。

大抵の機能は上述通り、プラグインでカンタンに追加できます。

ただのブログだけでなく、高機能なウェブサイトを作れるのがWordPressの大きな魅力です。

 

普及率が高く、情報が多い

WordPressは世界中で普及しており、日本でも利用者が多いです。

それも小さな個人のサイトから大規模な企業のメディアまで多くの場で使われています。

そのため、ネット上はもちろん、書籍などにおいてWordPressに関する情報が非常に充実しています。

WordPressについての調べ物や学習をする際にこの情報量の多さは非常に大きなメリットです。

 

まとめ

WordPressは自由度が高く、高性能で使いやすいCMS(コンテンツ管理システム)です。

他のサービスと比べてもカスタマイズの自由度やプラグインの多さがダントツです。

 

WordPressはカスタマイズの自由度の高さからブログやサイトだけでなく、掲示板やSNSも作れます。

ランキング機能などちょっと特殊な機能を備えたアフィリエイトサイトを作りたいという場合にもWordPressならば実装できるでしょう。

 

また、CMSとしての完成度も高く、シンプルなブログから大規模なウェブサイトまでカンタンに作ることができます。

ブログやサイトを作ろうという方、最初は無料ブログでもいいですが、本格的にデザインや機能をいじりたいという方にはWordPressを使うことをオススメします!